ナイトブラで肩こりは解消しない?効果を期待できる人・できない人

ナイトブラで肩こりは解消しない?効果を期待できる人・できない人

ネットでナイトブラについて調べていると「ナイトブラで肩こりが解消する」としているサイトをいくつか見かけました。確かに、口コミを見ていてもナイトブラで肩こりを解消した人もいるようです。ただ、肩こりで悩む全ての人がナイトブラで肩こりを解消できる訳ではありません。肩こり解消の為にナイトブラを買おうと思っている方は、参考にしてみて下さい。

 

ナイトブラと肩こり【目次】

 

 

ナイトブラで肩こり解消を期待できる人の2つの特徴


基本的に日中使っているブラジャーに問題がある人や、夜も昼用ブラを使っている方はナイトブラを使うと肩こり解消に期待が持てます。ここではナイトブラで肩こり解消が期待できる理由と対策方法をまとめました。

 

ノーブラ・チューブトップだと肩こりが軽くなる人

ナイトブラ以外の対策
  • 肩紐の長さを調節する
  • 肩紐が広めのブラジャーに変える
  • 1年以上採寸していないなら採寸してサイズを確認する

 

肩こり対策にノーブラやチューブトップなどを着用すると肩こりが軽くなる人は、ナイトブラを着用することで肩こりの改善に期待ができます。この場合、主に肩紐が食い込み、肩の血行を悪くしていることが考えられます。

 

まずはナイトブラ以外の対策もしたうえで、それでも肩こりが改善しなければナイトブラを日中使ってみましょう。ノーブラやチューブトップよりはバストを支えてくれますし、肩紐も広いので肩こりの解消に期待が持てます。

 

 

胸が垂れ気味の人

胸が垂れ気味の人の肩こり対策
  • 1年以上採寸していないなら採寸してサイズを確認する
  • 夜はナイトブラでバストラインを整える

胸が垂れ気味な人も肩紐にかかる負担が大きく、血行不良によって肩がこりやすいです。胸が垂れ気味な方はカップサイズをあげると肩紐にかかる負担を減らすことができます。

 

1年以上採寸をしていないようなら1度採寸してみましょう。また、時間はかかりますが就寝時にナイトブラを使用することで、バストラインを整えて肩紐にかかる負担を減らすことができます。

 

>>垂れ乳の改善効果が期待できるおすすめナイトブラランキング

 

就寝中も締め付けの強いブラジャーをしている人

就寝中も昼用ブラジャーをしている人の肩こり対策
  • 締め付けがゆるいブラジャーに変えてみる
  • 夜はナイトブラを使用する

寝ている間も谷間を作る目的で「過度に寄せ上げるブラジャー」を着けている人は、締め付けによるストレスや血流の悪化から肩こりを起こしていることがあります。

 

対策としては締め付けの緩いブラジャーに変えるか、ナイトブラを使用してみると良いでしょう。ナイトブラも寄せ上げ効果が付いたものがありますが、あくまで寝姿勢で寄せ上げることを前提に作られています。

 

なので、昼用ブラジャーほど締め付けや寄せ上げ効果は高くありません。また、ブラジャーとは違って背面が幅広に作られているので、冷えの対策や血流対策にもなります。

 

 

ナイトブラで肩こり解消を期待できない人の3つの特徴


姿勢が悪かったり、長時間のデスクワークなどで血行に問題がある方はナイトブラを着けても肩こり解消は期待できません。ナイトブラよりも小まめなストレッチなどの対策の方が効果があるので実践してみて下さい。

 

猫背や姿勢が悪い人


ノーブラやチューブトップでも肩がこる人は、既に姿勢が悪い可能性が高いです。ブラジャーをしていない分、バストを体だけで差さえなければいけないので、バストの重みによって気づかないうちに猫背になっていたりします。

 

姿勢矯正をするベルトで肩こりが解消する場合、原因は姿勢とみて良いでしょう。姿勢矯正ベルトはあくまで補助なので、ベルトを外しても姿勢を保てるだけの筋力作りが必要です。

 

長時間同じ姿勢をしている人


デスクワークで長時間同じ姿勢でいなければいけない人も、血行不良や姿勢が原因で肩こりになっている可能性が高いです。また、目の疲れから肩こりが起きているケースもあります。

 

小まめに上半身のストレッチをしましょう。とくに肩回りを集中的に行い、日ごろから血行をよくしておくと肩こりの予防になります。

 

ブラジャーのサイズが合っていない


「胸が大きい=肩こりになり易い」という訳ではありませんが、バストに対して小さいカップのブラをしていると、どうしてもバストを支える負担がストラップに集中します。

 

きちんとバストにあったサイズのブラをすると、肩紐だけでなく重みを分散して支えてくれるようになるので、肩にかかる負担が軽くなり、肩こりの解消につながります。

 

 

肩こり解消が望めなくてもナイトブラをした方が良い理由


ナイトブラは「肩こりの解消」というよりも、寝ている間にバストラインをキレイに保つことで、バスト離れや下垂を防いでくれます。バストの下垂が肩こりの原因になることもあるので、遠回りではありますが肩こりの解消につながることもあります。

 

ナイトブラの必要性については「ナイトブラが必要と言われる4つの理由」に詳しくまとめたので参考にしてみて下さい。

 

 

まとめ


ここではナイトブラと肩こりの関係についてまとめました。まずは肩こりの原因がブラジャーにあるのか、姿勢や生活環境にあるのかを見極めることが大切です。

 

肩こりの原因は様々なので、ここで紹介した以外でもナイトブラを使用することで肩こりが改善することはあるかもしれません。

 

ネットの情報を見ていると「ナイトブラで肩こりが解決する」といった内容が多いです。肩こりは姿勢に原因があることが多いので、ナイトブラを過信し過ぎず、まずは自分自身の姿勢はどうなのか?を意識してみて下さい。